ひきこもりはなぜ起こるのか
ホーム > ひきこもりはなぜ起こるのか

ひきこもりはなぜ起こるのか

ひきこもり問題はなぜ起こるのでしょうか。そのメカニズムについて考えてみたいと思います。

 

 

 

 

人がなぜ「ひきこもる」のか、その理由はけっして単純なものではないはずです。わたし自身も、その問いに対して、十分に答えられるとは思いません。

 

 

 

 

しかし、その理由をさまざまに推測し、検討していくことには意味があると考えています。

 

 

 

 

ここでもう一度強調しておきたいのは、いわゆる「ひきこもり」の状態は、必ずしも「無気力」ではないということです。この点だけは断定してもよいと思います。

 

 

 

 

「無気力のメカニズム」についても、わたしたちなりにいろいろと調べてみました。

 

 

 

 

人間が病気によって無気力になる事例には、おおまかにいって2通りあります。PEZ86_midorinoicyounamiki500_TP_V1

 

 

 

 

1つは、病気が進行して慢性化した結果、無気力になってしまうものです。

 

 

 

 

たとえば、スキゾフレニアやうつ病などが長期に及んだ結果、まったく自発性がみられなくなるようなことが、しばしば見られるとされています。

 

 

 

 

こうした事例は精神病院に長期間入院している患者さんに多く見られることから、長期間社会から隔離された生活環境や、一部は薬物の副作用である可能性もあるとも言われ、わたしたちもその可能性が高いのではないかと考えています。

 

 

 

 

つまり、この無気力は、なかば人工的な産物で、必ずしも病気の自然な経過ではない可能性もあるのです。

 

 

 

 

このほか、痴呆や脳の損傷などでも、無気力におちいることが知られており、とくに頭部に外傷を受けた後遺症としての人格変化が、近年問題になっています。

 

 

 

 

病的な無気力状態は、こうした人格変化の一部として生じてきます。

 

 

 

 

さて、もう一つの無気力状態には、「学習された無気力」があります。こちらはもちろん、精神病でもなければ脳に障害があるわけでもなく、心理的な原因から生じた無気力状態をさしています。

 PAK86_icyounokitohizasi500_TP_V1

 

 

 

実験心理学の立場からは、早くから無気力のメカニズムについての理論がたてられていました。

 

 

 

 

たとえばこんな実験があります。ケージのなかの犬に対して、なんの予告もなしに電気ショックを繰り返しあたえます。

 

 

 

 

犬は最初いやがって、吠えたりもがいたりなどの反応をみせますが、しだいに無気力となり、反応を示さなくなります。

 

 

 

 

つまり、不快な刺激が繰り返されているにもかかわらず、自分でそれをコントロールできないことが学習されたとき、無気力化が起こるのです。

 

 

 

 

こうした無気力化は、同様の実験で人間にも起こることが確認されています。

 

 

 

 

しかし、こうした無気力状態は、果たしてひきこもりのメカニズムを説明しうるものでしょうか。

 

 

 

 

実際、そのような視点から「ひきこもり」「無気力」が説明されている本もあります。

 

 

 

 

しかし、わたしたちにはそれが、あまりにもモデルとして単純すぎるように思われます。

 

 

 

 

むしろこのような無気力化は、さまざまな「無気力」のごく一部しか説明できないでしょう。

 

 

 

 

わたしたちはたしかに、無益な努力は好みません。しかしわたしたちは、常に目標や目的を持って行動しているといえるのでしょうか。

 

 

 

 

たとえば、ちょっと努力すればよい結果がでるとわかっていながら、ついさぼってしまうといった行動は「学習された無気力」では説明できません。わたしたちは「判っているのに、それをやってしまう(あるいはやらない)」ほどに、非合理的なものを抱えた存在なのです。

 

 

 

 

「ひきこもり」事例についても、それは同じことです。彼らは「やっても無駄だから動かないのではありません。

 

 

 

 

むしろ彼らは「動いたほうがよいに決まっている」からこそ、身動きがとれないのです。

 

 

 

 

ひきこもりになりやすいタイプと家族背景

 

 

 

 

ひきこもりになりやすいタイプはやはり内気で神経質、そしておとなしく、几帳面で感受性が強い子どもが多いと思います。

 

 

 

 

それから完璧主義的であるということもいえると思います。ひきこもりになると、そういう性質がより加速されていきます。

 

 

 

 

このようなタイプの子どもは、小さい頃はとてもほめられることが多いのです。

 

 

 

 

なぜなら、いわゆる先生や親にとっては「よく先生や親の言うことを聞く、素直ないい子ども」だからです。

 

 

 

 

ですがそれが成長し、人間関係が全面に出てくるようになると、「几帳面すぎて融通がきかない」「まじめすぎる」といった言い方で、親から諭されたりして子どもは混乱し、親不信や人間不信になってしまうのです。

 

 

 

 

ひきこもる子どもには、再度の目標設定によって生気を取り戻していく燃え尽き息切れ型の子どもも多いのですが、基本的には人間関係を取り結ぶことを幼い頃から重ねてこなかったために「ケンカして仲直り」のイメージができず、「対立するのが怖い」と一人遊び嗜好型に入った子どもが多いのが特徴です。

 

 

 

 

自尊心(プライド)をいつも守られ一人遊びをしてきた子どもは、人間関係の「折り合い、ゆずり合い」を求められたときにそれができなくて、ひきこもってしまうのです。

 

 

 

 

もともと、せめぎ合って、折り合うという対人関係の基礎工事がなされていないのに、やらされてしまうのでそれができず、あとはひきこもるしかないわけです。

 

 

 

 

人間の性格の大部分は家庭や地域社会で形成されますから、ひきこもりになりやすいタイプというよりも、ひきこもりになりやすい教育を受けてきたということが言えると思います。

 

 

 

 

また以前、関東自立就労支援センターに相談に来たある男性は、コミュニケーションのやり方を教えてもらえないまま、自分は大人になってしまったと言っていた人もいました。

 

 

 

 

ひきこもりになる背景と言うと、地域社会との関わりの希薄化があげられます。

 

 

 

 

お父さんは会社の人とは付き合いますが、近所の人とは深い付き合いはしないでしょう。

 

 

 

 

家族旅行はしても、近所の人と旅行するなんてことはあまりないはずです。

 

 

 

 

それから家庭生活で言えば、我が家を「退屈しない世界」にしてしまったということが大きいようです。

 

 

 

 

「家族で友達は満たされている」ということです。「僕」という「一人称」の世界だけで「二人称(君と僕)・三人称(友達)」を学んでこなかったのです。

 

 

 

 

わたしは、戦後民主的個性尊重核家族化と言っています。

 

 

 

 

今、ひきこもりを抱える家族で一番多いのは団塊の世代の親たちです。

 

 

 

 

単純に団塊の世代の子どもたちは人口が多いということもありますが、この世代は、親のひきずってきたわずらわしい人間関係を否定し、親子の関係や近所づき合いにしても、「合理的な人間関係」「個性尊重」を求める傾向が強いように感じます。

 

 

 

 

核家族化や密集した新興住宅地の中で、他人との関係を最小限にしてお互いに干渉しないで育ってきた世代と言えます。

 

 

 

 

その中で、団塊ジュニアたちは育ってきたのです。

 

 

 

 

「個性尊重」が裏目に出て「自分本位」が、人づき合いを極度に意識したり恐れるひきこもりを生み出したのかもしれません。

 

 

 

 

本来、人間関係とは人に頼ったり頼られたりする中で生まれるものです。

 

 

 

 

しかし、団塊の世代のライフスタイルは、限定された人づき合いであり、しかもそれは頼る頼られるの関係ではありません。

 

 

 

 

必要最小限の付き合いです。人間関係の基本である「せめぎ合って」「折り合って」「お互いさま」を、ひきこもる子どもたちは親から伝えてもらえなかったと思っています。

 

 

 

メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-439-4355
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援