ひきこもりの老後の住まい
ホーム > ひきこもりの老後の住まい

ひきこもりの老後の住まい

ひきこもりのお子さんの老後の住まいをどうするのか。これは、ひきこもりの人生設計の根底をなす大きな課題といえます。お子さんが一生住める家を、お子さん自身の力で確保することは非常に難しいため、親御さんが元気なうちに用意をする必要があります。

 

 

 

 

しかし親にとっても、高齢になればなるほど住宅ローンは組みにくくなりますし、高齢期にまとまった資金が出て行くことは、避けたいはずです。

 

 

 

 

 

ローンを組む必要のない賃貸住まいにしても、お子さんが自分で賃貸契約や更新契約を行いにくいため、できるだけ親が元気なうちに、ひきこもりのお子さんの住まいの確保に動きたいところです。

 

 

 

 

ひきこもりのお子さんの精神状態によっては、立て替えのための一時的な転居が難しいケースもあるでしょう。

 

 

 

長年住み慣れた家を離れることに、強い抵抗を見せるケースもあるはずです。

 

 

 

 

とはいえ、住み替えをする必要がある場合は、時間をかけてお子さんを説得していくしかないでしょう。

 

 

 

 

現在の住まいが古い一戸建ての場合、立て替えを検討したほうがよいケースもあるでしょう。

 

 

 

 

古い家に住み続けたひきこもりのお子さんがひとり取り残された後、自らの家の修繕や立て替えを業者に依頼することは難しいと思われるからです。

 

 

 

 

また、家が大きいままだと、光熱費などのランニングコストもかさむのが一般的です。

 

 

 

 

お子さん自身にかかる老後の生活費はできるだけ抑えたいので、現在の家が老朽化していて、お子さんが一生住めそうにない場合、小さめの家に立て替えるのも一法です。

 

 

 

 

小さな家に立て替える際は、土地の一部を売却できるように、スペースを空けて建てることも検討してみてください。

 

 

 

 

道路づけがよい場所なら、空いたスペースを駐車場として貸せば、立て替えによって減ってしまった資産を補うこともできます。

 

 

 

 

利便性の良い場所に一戸建てを所有している場合、賃貸併用住宅に建て替えることを検討してみてもいいと思います。

 

 

 

 

その際、同じ屋根の下に住むとしても、ひきこもりのお子さんと同居して、賃貸スペースを貸すだけでなく、お子さんと親の住まいを別々にする方法も検討できます。

 

 

 

 

一例としては、親が住むスペースとは別に、お子さんの居住部分をワンルームや1DKにしてみるのです。お子さんの生活スペースを狭くしておけば、お子さんが一人で生活をする際の光熱費などが抑えられます。

 

 

 

 

さらに、将来的に親が亡くなった後、親の住まいを賃貸に出せば、そこからも家賃収入が得られます。

 

 

 

 

 

家賃収入があれば、その分だけ資産の減少が穏やかになるだけではなく、公的年金と合わせれば、人生設計が成り立つ可能性はかなり高くなります。

 

 

 

 

とはいえ、ひきこもりのお子さん自身が家賃の集金や建物の管理をすることは困難と考えるのが自然でしょう。

 

 

 

 

最近の賃貸物件は、建物の管理、維持も含め、不動産の管理会社に依頼するのが一般的で、税務署へ提出する不動産所得の申告用の書類を作成してくれるケースもあります。

 

 

 

 

不動産の管理業者は、ひきこもりのお子さんの事情をよく理解し、配慮をしてくれるところが望ましいので、担当者が頻繁に変わる可能性のある大手の会社よりも、小規模でも地元で長年営業を続けているような不動産屋を探してみるのがよいでしょう。

 

 

 

 

お子さんの事情をわかっている人を地元に一人でも増やしておくことも、人生設計を成功させる大きな鍵になると思います。

 

 

 

 

資産の大部分を不動産が占めていて、ひきこもりのお子さんに遺したい生活資金の現金が不足している家庭もあると思います。

 

 

 

 

 

そのような場合、現在の住まいを売却して小さめのマンションに住み替える方法も検討できます。

 

 

 

 

現在の住まいの売却額よりも、住み替え先のほうが廉価であれば、差額分はお子さんの生活費に充当できます。

 

 

 

 

住み替え先として検討するのが中古マンションであれば、実際に現物を見ることができ、現在はどのような人が住んでいるかを、購入前に確認できます。

 

 

 

 

中古マンションは、新築マンションや、一戸建てに比べ、購入費用を抑えられる点がメリットです。

 

 

 

 

またマンションは、一戸建てのように庭の手入れなどをしなくてもよいですし、24時間ごみ出しができるところも増えていますので、ひきこもりのお子さんがひとり残された後は、家の維持管理がしやすくなるはずです。

 

 

 

 

マンションの売り物件情報は、住宅情報誌やインターネットで調べることができます。インターネットで「中古マンション」と購入希望の場所を検索ワードとして入れるだけで、中古マンションを扱う業者のサイトを、たくさん見つけることができます。

 

 

 

 

将来、ひきこもりのお子さんが賃貸住宅に住むことになる場合、注意しておきたいことはたくさんあります。

 

 

 

 

まずは、家賃の振込みについてです。お子さんが毎月家賃を振り込むために外出するのが難しい場合、銀行のインターネット支店やネット銀行の口座を経由して家賃を支払うのがよいでしょう。

 

 

 

 

銀行のネット口座は、親が元気なうちに、郵送手続きを利用してお子さんの口座を開き、お子さんに使い方を教えておくのが望ましいと思います。

 

 

 

 

とはいえ、今まで自分で振込みなどの手続きをした経験のないお子さんが多いはずなので、期日どおりに手続きができず、家賃が未払いになってしまうことがあるかもしれません。

 

 

 

 

そこで、部屋を借りることになったときは、賃貸契約の手続きを手伝う人(兄弟や任意後見人)から、家主さんにひきこもりのお子さんの事情を話しておいたほうが安全だと思います。

 

 

 

 

お金はあるのに、家賃を支払っていないために家の退去を促されると、お子さんの精神状態に悪い影響が出てしまう可能性があります。

 

 

 

 

賃貸物件に住む可能性がある場合は、住まいを失うことのないよう、手続きを手伝う人に「やってほしいこと」をリスト化して渡しておくのもよいでしょう。

 

 

 

 

賃貸物件に住んでいる場合の更新の手続きは、自宅に郵送される新しい契約書に記名押印して返送し、更新費用を振り込むのが一般的です。

 

 

 

 

ただし、家賃の未払いが続いたり、ごみを正しく出せなかったりしてトラブルが生じた場合や、あるいは、不動産管理会社のほうで更新手続きは対面で行うことをルールにしている場合など、出向いて更新の手続きを行わなければならないケースもあります。

 

 

 

 

更新時の手続き方法については、借りる前に手続きを手伝う人が不動産管理会社に確認をしておきましょう。

 

 

 

 

 

メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-439-4355
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援