ひきこもりのトラウマと悪循環
ホーム > ひきこもりのトラウマと悪循環

ひきこもりのトラウマと悪循環

トラウマが反応する子どもはその辛さを回避するために、自分の家に、自分の部屋にひきこもってしまいます。

 

 

 

 

すると親や周囲の大人は、ひきこもりは子育ての失敗だと考えてしまいます。ひきこもりは子どもの成長のためによくないと考えてしまいます。

 

 

 

 

犯罪の原因となったり、精神疾患の原因になるとして、いろいろと子どもに働きかけます。

 

 

 

 

そのような対応のために子どもは逆に自己否定に陥ったり、対人恐怖を感じてしまったりして、いろいろな神経症状、精神症状を出すことになります。

 

 

 

 

親や周囲の大人が子どものためにと考えて、早くひきこもりの解決をして、子どもを無理やり社会へひっぱり出そうと思ってとる対応です。

 

 

 

 

その対応がつらいために、その対応を避けるために、子どもは親や大人を避けてより部屋にひきこもることになります。

 

 

 

 

子どもと親との間で、多大に悪循環に入ってしまいます。この悪循環の際に子どもはひきこもることでやっと自分を維持しているのです。

 

 

 

 

この悪循環を子どものほうから断ち切ることはできません。また、その能力もありません。

 

 

 

 

悪循環に陥らせているのは親や周囲の大人なのです。親や周囲の大人がその対応を変えなければ、この悪循環を断ち切ることはできません。

 

 

 

 

今までの親や周囲の大人の対応はこの悪循環を断ち切るために、ひきこもる子どもに社会との接点を持たせようとしてきました。

 

 

 

 

それはひきこもりを増え続けさせ、問題をさらに難しく、またややこしくしています。そこで一般には相談機関が足らない、解決に当たる専門家が不足しているという発想になっています。

 

 

 

 

ところがほとんどのひきこもっている子どもたちは医者にもかかっているし、相談機関にも、専門家にもかかっています。

 

 

 

 

しかし、それでもどうにもならない現実があります。つまり、相談機関や専門家と言われている人のところに子どもを連れて行っても、子どものほうからそれを拒否するようになるのが現実です。

 

 

 

 

医療機関に連れて行っても薬だけ投与されていて、いっこうに問題の解決がはかられないという現実だけです。

 

 

 

 

医者や専門家の対応を拒否するひきこもりの子どもたちが多いです。子どもを社会へ無理にひっぱり出そうとする相談機関、専門家や医療機関の対応は、子どもの心を反映していないからです。

 

 

 

 

ひきこもっている子どもたちの心を知らないからです。そのあたりのことは、ひきこもりを克服した子どもたちが話をしてくれています。

 

 

 

 

ひきこもりをしている最中の子どもたちは自分を守るために、本当のことは言えない状態にあるので、いくら聞いてもけっして話してはくれないのです。

 

 

 

 

ひきこもっている子どもたちは、好きでひきこもっているわけではありません。それなりの理由があってひきこもっています。

 

 

 

 

その理由を理解しないで対応されたら、子どもたちは逆に苦しくなってきます。ひきこもりの悪循環をつくっているのは、子どもたちの心を理解しない大人の側にあります。

 

 

 

 

引きこもる子どもたちを理解しない親や相談機関、いわゆる専門家の対応に子どもは心が疲れ果てて、それを避けるためにさらに引きこもっています。

 

 

 

 

つまり、大人が引きこもる子どもたちを理解すれば、子どもたちはいつまでも引きこもっている必要がありません。

 

 

 

 

現実に時間はかかりますが、多くの引きこもっていた子どもたちは自分で自分なりに自分のつらい心を癒して、引きこもりを止めて社会へ自ら出てきています。

 

 

 

 

引きこもっている子どもたちが求めているものは、「その子どもたちにはその子どもたちなりの引きこもる理由があるので、それを信じて何もしないで待ってほしい」ということです。

 

 

 

 

「わからない人たちは、何もしないで自分たちを信じてほしい」ということです。

 

 

 

 

この子どもたちの訴えを理解することは、普通の引きこもりをもったことのない大人たちには非常に難しいことです。

 

 

 

 

子どもたちの言葉による訴えは、必ずしも子どもたちが求めているものではなく、子どもたちの知識を言っている場合が多いです。

 

 

 

 

引きこもりをやめて社会へ出て行こうとするのは子どもたちです。子どもたちの本心で動き出さなくては、ひきこもりの本当の解決にはなりません。

 

 

 

 

親や大人たちが子どもたちの本心を理解しなければ、引きこもりの解決はかなり難しいものになります。

 

 

 

 

子どもたちの本心を理解することが、引きこもりを解決する一番の近道なのです。

 

 

 

 

 

心がつらい子どもはトラウマが反応してとてもつらいから、トラウマが反応しない場所に引きこもります。

 

 

 

 

引きこもってもトラウマが反応するような状態が続くと、子どもは引きこもりの状態で荒れたり、辛い神経症状、精神症状を出して引きこもりをやめようとはしません。

 

 

 

 

引きこもってトラウマが反応しなくなると、子どもの心のエネルギーが増えてきて引きこもりを止め、家の外に出かけるようになります。

 

 

 

 

荒れる子どもや辛い心の症状を出す子どもは、まず十分に引きこもらせてあげて、トラウマが反応しないような状況を作ってあげてください。

 

 

 

メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-439-4355
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援