ひきこもりと対人恐怖
ホーム > ひきこもりと対人恐怖

ひきこもりと対人恐怖

ひきこもり状態にもっとも多く見られる精神症状の一つが、この「対人恐怖症状」です。ただし、一部で誤解されているように、「ひきこもり=対人困難」ではありません。

 

 

 

 

限られた相手や状況下では、ほとんど困難を感じずに振舞うことができる人も少なくありません。

 

 

 

 

逆にいえば健常であっても、あらゆる場面で対人困難を感じないという人は少ないでしょう。

 

 

 

 

ともかく、きっかけはどうであれ、ひきこもり状況が長期化してくると対人関係は困難なものとなってきます。

 

 

 

 

当支援センターの調査では、調査の時点で交際している友人の数が一人、もしくはまったくないものは41%でした。

 

 

 

 

また、友人関係があるとされるもののなかでも、頻繁に連絡をとりあったり、行動をともにするような親密な関係のものは23%にすぎません。

 

 

 

 

本来ならば、健常者の統計調査と比較すべきなのですが、この数字だけを見ても、いかに彼らが乏しい人間関係の中で生活しているかがわかります。

 

 

 

 

また調査時点までに異性との交際経験がまったくないものが78%を占めていて、平均年齢が22歳であることを考えると、これもまた対人関係の貧しさを示す結果と考えてよいでしょう。OHT96_asahikawaekinohome500_TP_V1

 

 

 

 

さて、実際の症状の有無についてはどうでしょうか。調査結果では自己臭、赤面恐怖を含む「対人恐怖症状」は67%にみられました。

 

 

 

 

しかし、ひとくちに対人恐怖症状といっても、その訴えはかなり多様なものです。

 

 

 

 

まだ比較的ひきこもり程度が軽く、外出などはそれほど抵抗がない場合でも、「近所の人目が気になる」という人は少なからずいます。

 

 

 

 

ある特定の状況、たとえば「制服の人を見ると緊張してしまい、不安になる」「年長の人の側に近寄ることができない」といったものもありますし、中学時代に激しいいじめを経験した20代の青年は「学生服の集団が恐ろしい」と訴え続けていました。

 

 

 

 

 

こうした事例では、恐怖と攻撃性がしばしばないまぜになっていて、ちょっとしたきっかけで喧嘩沙汰に発展することもあります。

 

 

 

 

そのほか、「他人の視線が気になるため、電車やバスに乗ることができない」といったものもあります。

 

 

 

 

また自分の家に他人が入ることを極端に嫌うことが多く、人が訪ねてくると隠れてしまったりすることもあります。

 

 

 

 

電話が鳴っても、まったくとろうとしない人もいます。また、ある程度社会参加が可能な人でも、その限られた集団の中でさえ、なかなかくつろぐことが難しい人たちがいます。

 

 

 

 

そうした人の話を聞いてみると、「他人の中に入っていっても、雰囲気を壊してしまう」「自分は話題が乏しいので、輪の中に入ってもしらけさせてしまう」といった自分を一方的に責めるような訴えが、よく見られます。

 

 

 

 

これが極端になってくると「自分の体からいやな臭いが出ているのではないかと気になる」といった自己臭妄想や、「自分の視線がきつすぎるため、他人を傷つけてしまうのではないかと不安になる」といった自己視線恐怖と呼ばれる症状が出てくることがあります。

 

 

 

 

また、客観的にはそうでもないのに、自分の顔が醜いと信じ込んでしまう、醜形恐怖という症状もよく見られます。「鼻がいびつ」「髪の毛が薄い」「にきびが多すぎる」「太りすぎている」といった外見的特長を気に病んで、他人とかかわれないような事例です。

 

 

 

 

ちょっと前までは赤面恐怖という症状が対人恐怖症状の代表的なものだったのですが、こちらは減少傾向にあるといわれています。そしてこれに変わるようにして目立ってきたのが、この醜形恐怖症状です。

 

 

 

 

この症状を訴える人は、ほぼ決まって美容整形外科を頼りにします。もちろん保険はききませんから、高額な手術費が壁になって、全部が手術までいたるわけではありません。

 

 

 

 

しかし中には、親に無理やり手術費を払わせて整形を決行してしまう場合もあります。手術を受ければ本人も満足し、すみやかにひきこもり状態から脱することができるかと言えば、そうは運ばないところがこの症状の難しいところです。

 

 

 

 

たいていの場合、手術の結果が気に入らず、しかし整形医にクレームをつけても埒が明かず、結局以前よりもひきこもってしまうということになります。

 

 

 

ひきこもりと対人関係の挫折

 

 

 

 

ひきこもりの人が自分のひきこもっていることに苦しんでいて、どうしてこんな状態になってしまったのかわからなくなっているとしても、ひきこもりの当初には、必ず対人関係の挫折を経験しています。

 

 

 

 

ひきこもりの人の半数以上はもともと人前で緊張しやすかったり、人ごみが苦手だったりと性格的に対人緊張が強い傾向を認めます。

 

 

 

 

しかし、ひきこもりになってから対人恐怖になったという人もひきこもりの3割ほどを占めています。

 

 

 

 

ここでA君のケースを見てみましょう。A君はひきこもってから、しだいに人と会うのが怖くなっていきました。

 

 

 

 

そして、家族以外の人とは話ができなくなりました。A君は家族とは会話を保っていましたが、ひきこもりの人の多くは家族を含めたすべての対人関係からひきこもってしまいます。

 

 

 

 

そして、ひきこもり状態が長くなれば外の世界に対して非常に敏感になり、「自分のことを周囲の人が馬鹿にしている」などと被害妄想的になっていくこともあります。

 

 

 

 

また、特定の状況が特に苦手な人もいます。たとえば、同年代の人と会うと自分がとり残されているような気がするとか、自分がみじめなので学生の集団に脅されそうな気がして近づけないという、特定の場面での恐怖を訴えることもあります。

 

 

 

 

後者のひきこもりにおける対人恐怖は、もともとの性格としては社交的で、友人もたくさんいたというタイプでしょう。

 

 

 

 

これは3割程度のひきこもりの人が該当します。この場合も前者と同じく、必ず対人関係の挫折が引きこもり始めるきっかけとなっています。

 

 

 

 

ひきこもり始めてからは、やはりすべての対人関係からひきこもり、外の世界に対して恐怖を感じるようになります。

 

 

 

 

そして、しだいに自信喪失していき、「自分は生きていても仕方ない」「生きている価値のない人間だ」と強く思い込み、自分を卑下するようになってしまいます。

 

 

 

 

このように、ひきこもりの対人恐怖は、対人過敏、被害妄想、自信喪失、自己卑下という特徴を有しています。

メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-439-4355
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援