ひきこもりと家族の会話の仕方
ホーム > ひきこもりと家族の会話の仕方

ひきこもりと家族の会話の仕方

 

ひきこもりを社会復帰させる意味で、家族との会話の復活が極めて重要なことは言うまでもありませんが、ひきこもりを抱える家庭の大多数で、家族との会話がきわめて乏しくなっていることは、さまざまな専門家が述べていることです。

 

 

 

 

このような場合、まず家族とひきこもり本人の会話を復活させることが最優先課題です。ここでは、そのための具体的なテクニックについてふれてみましょう。

 

 

 

 

ほとんど口も利かず、それどころか家族ですら、もう何ヶ月も本人の顔を見たことがないというケースも珍しくありません。

 

 

 

 

しかし、どれほど徹底して家族を避けているようなケースでも、息を潜めつつ、家族の動静を細大漏らさずうかがっているのは確かです。

 

 

 

 

両親が急に話しかけるようになると、本人はすぐに気づきます。「おや、何かはじまったぞ」それから彼(女)はさまざまに推測するでしょう。

 

 

 

 

「今度はどこの入れ知恵だろう。また新聞で{ひきこもり特集}でも読んだんだろう。どのいくらいもつか、ひとつ見ていてやろう」。

 

 

 

 

だいたいそのような視線が向けられていることを意識しつつ、両親は働きかけをはじめることになります。

 

 

 

 

手始めはまず、「あいさつ」からです。おはよう、行ってきます、ただいま、おかえり、いただきます、ありがとう、おやすみ、そういった程度の声かけから始めてみましょう。

 

 

 

 

これはけっして、ひきこもり本人に対してのみならず、家族みんなができるだけあいさつを交わすようになれば、なおよい影響があるでしょう。

 

 

 

 

もちろん本人はあいさつを無視するでしょうし、時には迷惑そうな態度すら見せるかもしれません。

 

 

 

 

しかし、あいさつすることでひきこもり本人が深く傷つくことはありません。

 

 

 

 

少々押し付けがましくとも、あいさつを励行することが第一歩です。そして、くどいようですが、一度はじめたあいさつは、けっして自然消滅などしないように、配慮されるべきです。

 

 

 

 

しばらくあいさつだけのはたらきかけを続けていくと、ひきこもり本人のほうから声をかけてくることもあります。

 

 

 

 

貴重な会話の糸口ですから、その機を逃すべきではありません。なんでもないやりとりでも、できるだけたくさん「口を利く」機会を設けましょう。

 

 

 

 

まだ会話と呼べるものはなくとも、こうした機会が増えるにつれて、本人の家族への警戒心は、確実に薄れていくからです。

 

 

 

 

どうしてもあいさつ一つ返さないという場合は、メモを併用してみましょう。こちらも、内容はささいな、なんでもない言葉をひと言か二言書いてあれば十分でしょう。

 

 

 

 

「ごはんのおかずは何がよいか」とか「出かけるついでに買ってきて欲しいものがあるか」といったものが無難です。

 

 

 

 

「庭の花がきれいだよ」といった、時候のあいさつのようなものでもかまいません。

 

 

 

 

ひきこもり本人を刺激しないためには、むしろできるだけ些細な、平凡な内容のものが望ましいでしょう。

 

 

 

 

しばしば会話が不自然になるとか、どうも緊張してうまくはなせないという親がいます。しかし、長年ひきこもって話もしなかった子どもに話しかけるとき、ぎこちなく不自然にならないほうがどうかしています。

 

 

 

 

わざとらしくても、不自然でもかまいません。要はひきこもり本人に親が自分と話したがっていること、またそのためにたいへんな努力を試みていること、そうしたことが伝わればいいのです。

 

 

 

 

声を掛ける際に、注意しなければならないのは、本人が自分の部屋にこもっている場合、必ず部屋の外から声をかけるようにするということです。

 

 

 

 

信じがたいことですが、世の中には、ノックもせずに息子の部屋のドアを開けたり、あるいはノックしても返事も待たずにドアを開ける親もいるようなのです。

 

 

 

 

こうした行為は治療的でないばかりか、常識的ですらありません。まだ会話が成立していない段階なら、本人のプライバシーを最大限に尊重するという姿勢を、はっきり示す必要があります。そのためにも声かけは、ドアを開けずに部屋の外からするのが望ましいのです。

 

 

 

 

よく会話はキャッチボールにたとえられます。つまり相互性のあるやりとりということです。

 

 

 

 

相互性のないやりとりは、単なる独り言と大して変わりません。その意味で、上から見下すような話し方、やたら決め付けるような断定的なものの言い方は好ましくありません。

 

 

 

 

むしろできるだけぼかした、ソフトな言い方が望ましいのです。「それは○○に決まっている!」とか、「「世間では○○があたりまえなんだ」という言い方ではなく、「どうもそれは○○なんじゃないかなあ」とか、「お父さんは○○がいいように思うけど、あなたはどうか」という言い方です。PAK12_ookinakinoshitade1224500_TP_V1

 

 

 

 

これが板についてくれば、コミュニケーションはずっと深まりやすくなるでしょう。ちなみに、ひきこもり本人への呼びかけは、「お前」や「君」では反発を買いやすいので避けましょう。

 

 

 

 

話題として、将来のことや同世代の友人の話は避けるべきですが、しかし、本当は、避けるべき話題の細目を網羅するより、ひきこもっている本人の身になって考えてみることが大切です。PEZ86_midorinoicyounamiki500_TP_V1

 

 

 

 

自分の人生は失敗であり、すっかり出遅れてしまったと考えている人に、将来の話、仕事の話、結婚の話などを持ち出すことの残酷さです。

 

 

 

 

過去の楽しかったころの思い出話すら、本人は忌避します。同じくらいの年齢のタレントの話題なども、少しずつ本人を傷つけています。

 

 

 

 

話題としては、時事的、社会的なことがらあたりが、もっとも無難でしょう。事実、世界情勢にはかなり関心の高いひきこもり青年も少なくありません。これに限らず、本人に何か趣味がある場合は、それについていろいろと尋ねてみることも悪くないでしょう。

 

 

 

 

子どもの気持ちを承認し、全面的に受け入れている、という姿勢を見せないと、子どもの心には響きません。

 

 

 

共感なしの励ましは、本人にとっては苦しみになることも多いのです。

 

 

 

 

子どもへの接し方でいちばん大切なのは、本人が自分の気持ちを子どもに押し付けていると受け入れてもらえないということです。

 

 

 

 

変化はゆっくりと現れるものと知っておきましょう。子どもの気持ちを無視して、ただ励ますだけでは反発したり萎縮したりしてしまいます。

 

 

 

 

大人はつい、先を考えてあれこれいってしまいますが、励まされればされるほど、子どもにとっては苦しみになる場合もあります。

 

 

 

 

ひきこもり状態の子どもが、せっかく家族と話をしようと思っても、叱咤激励されるばかりでは、気持ちを受け止めてもらっていると感じることができません。

 

 

 

 

いきなり激励するのは逆効果だと認識し、まずは話を聞いてあげることが大切です。

 

 

 

 

悩みや不安に共感し、安心できる存在になることが、回復への最初の一歩だと心得てください。

 

 

 

 

○強い励ましは、かえって本人を萎縮させてしまうので、注意が必要

 

 

 

 

社会復帰や立ち直りだけを目的とした激励は、本人のペースを乱して、反発を招きがちです。

 

 

 

 

周囲の期待を伝えるだけの言葉は、子どもの心には届かないのです。

 

 

 

 

本人の希望をよく理解して、それにそった励まし方を心がけましょう。

 

 

 

 

「もっとよくなろう」「がんばろう」と、いつも先を見て励ます人がいますが、それは急ぎすぎです。

 

 

 

 

先ばかり見ないで、現在の子どもを見てください。

 

 

 

 

「外出できてよかった」「無理をしないで」と、子どものがんばりを認めるような励まし方が、理想的です。

 

 

 

 

まず、子どもの気持ちを承認して、受け入れることが大切です。

 

 

 

 

○励ましが、本人にとっては苦しみになることがある

 

 

 

 

励まし方の失敗で多いのが、子どもに「もっと」を要求することです。

 

 

 

 

子どもが回復の兆しをみせたときに「その調子でがんばれ!」と、より一層の努力を求めると、それは本人にとって重荷になります。

 

 

 

 

励ますこと自体は、悪いことではありません。本人の様子を見たり、話し合ったりして気持ちを理解し、期待過剰にならないように声をかけましょう。

 

 

 

 

○まずは安心感と共感を示す

 

 

 

 

コミュニケーションがうまくとれない状況では、いきなり励ますのは逆効果になります。

 

 

 

 

まずは悩みや不安に共感し、安心できる関係を築くことからはじめましょう。

 

 

 

 

不安や恐怖を感じて外にでたくないと考えている子どもには、悩みを解消するような励まし方をしましょう。

 

 

 

 

メリットを伝えることが、外出への意欲につながります。

 

 

 

 

 

メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-439-4355
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援