ひきこもり・不登校とスチューデント・アパシー
ホーム > ひきこもり・不登校とスチューデント・アパシー

ひきこもり・不登校とスチューデント・アパシー

ひきこもりに関連する問題行動として、不登校とともにもっとも重要なものが、この「スチューデント・アパシー」です。

 

 

 

 

スチューデント・アパシーは70年代から注目されるようになった疾患概念です。ひと言で言えば大学生の不登校を意味します。だだし、通常の不登校とはいくつかの点で異なった特徴を持つため、独自の概念として研究が進められてきました。

 

 

 

 

まず、この概念について簡単に説明しておきましょう。1961年にスチューデント・アパシーを初めて記載したP・Aウォルターズは、その心理について次のように説明しています。

 

 

 

 

スチューデント・アパシーは男性にしばしば見られ、テストなどの競争的場面を避ける傾向があります。

 

 

 

 

このため男性としてのアイデンティティが発達しにくくなり、これが主な原因となってアパシー状態が続きます。また「競争の回避」は一種の攻撃性としての意味を持つと言われています。

 

 

 

 

名古屋大学名誉教授の笠原喜氏は70年代から80年代にかけて、このスチューデント・アパシーの概念を日本に紹介し、本国アメリカ以上に活発な研究活動の基礎を作りました。

 

 

 

 

笠原氏はスチューデント・アパシーの病理を学生にのみ限定せず「退却神経症」という新たな臨床単位を提唱しました。以下にその特徴をまとめてみます。

 

 

 

 

○中心は大学生年齢で、男性に多い。

 

 

 

 

○無関心、無気力、無感動、また生きがい、目標・進路の喪失の自覚、アイデンティティの不確かさを訴える。

 

 

 

 

○不安、焦燥、抑うつ、苦悶、後悔などといった苦痛感をともなわないため、みずからすすんで治療を求めない。

 

 

 

 

○自分の置かれている状態に対する深刻な葛藤がなく、その状態から抜け出そうという努力をまったくしない。

 

 

 

 

○自分が異常であるという自覚がないわけではなく、対人関係に敏感で、しかられたり拒まれたりするとひどく傷つく。自分が確実に受け入れられる場面以外は避ける傾向がある。PAK86_sanshinekaraskytree1145500_TP_V1

 

 

 

 

○苦痛な体験は内面的な葛藤などの症状には結びつかず、外に向けて行動化される。すなわち、無気力、退却、それによる裏切りなどの行動としてあらわす。暴力や自殺企図などのような激しい行動化は少ない。

 

 

 

 

○学業への無関心については部分的なもので、アルバイトには熱中するなどのいわゆる「副業可能性」が高い。

 

 

 

 

○優劣や勝ち負けへの過敏さがあり、敗北や屈辱が予想される場面を避ける傾向がある。

 

 

 

 

以上の特徴は、ひきこもりの青年たちの一部にもかなり当てはまります。

 

 

 

 

とりわけ大学生のひきこもり事例については、そのかなりの部分がスチューデント・アパシーと重なります。

 

 

 

 

通常、ひきこもりの事例では、しばしば強い葛藤や暴力などの行動化が見られます。

 

 

 

 

この点ではスチューデント・アパシーの記述とは一致しないようですが、こうした葛藤が何に由来するものであるかを考えれば、それほど相違がないということがわかります。

 

 

 

 

ひきこもりたちの葛藤は、現状への不満や劣等感から引き起こされることが多いのです。

 

 

 

 

 

しかし、大学に籍がある場合は、こうした強い葛藤は当面棚上げにすることができます。

 

 

 

 

大学生という社会的なポジションが、強力な心理的なよりどころとなるためでしょう。

 

 

 

 

また世間も、大学生という身分にはまだまだ寛容です。浪人生や留学生が珍しくない大学という空間は、わが国においてほとんど唯一、年齢差による焦燥感を免れうる社会です。

 

 

 

 

また、義務や生産性もほとんど期待されていない時期でもあり、さまざまな点でプレッシャーの少ない生活圏があります。

 

 

 

 

しかし、大学在学時は葛藤を棚上げにできても、卒業してしまえばそうはいきません。

 

 

 

 

わたしたちの経験からも、スチューデント・アパシーからはじまって深刻なひきこもり状態にいたった事例はまれではありません。

 

 

 

 

 

 

また、大学生の不登校事例でも、対人困難が強い場合は、通常のひきこもりと同様、強い葛藤を訴えることも少なくありません。

 

 

 

 

スチューデント・アパシーとひきこもりとの間に、あえて区分を設けることには、あまり積極的な意味がないように思います。したがってわたしたちは、スチューデント・アパシーもひきこもりの一形態であるとみなしています。

 

 

 

 

 

スチューデント・アパシーについては、笠原嘉氏の考察をはじめ、さまざまな検討がなされています。

 

 

 

 

スチューデント・アパシーは「学生無気力症」と訳されています。状態像が単純な無気力ではないことも以前に述べたとおりですが、本業に対しては意欲を見せないというほどの意味に捉えておきます。

 

 

 

 

スチューデント・アパシーをはじめて報告したウォルターズは、アパシーの原因として、「男性性同一性」の形成障害、つまり、「男らしくあること」に失敗し、あらかじめ負けることを嫌って競争からおりてしまうという、防衛的な心理によるものと考えました。

 

 

 

 

また、笠原嘉氏は、これに加えて、境界性人格障害にも通ずるような側面として、アンへドニア(空虚な感じ)やスプリッティング(人やものに対する極端な見方や態度)などがあることを指摘しました。

 

 

 

 

また「ひきこもり」を「社会恐怖」や「回避性人格障害」の一種と考える立場からは、もっと明快に説明が可能になります。

 

 

 

 

すなわち、前者は恐怖症の一つとしての理解、後者はその患者の一生を通じての行動傾向という理解になります。

 

 

 

 

これらの考え方は、たしかに一部のひきこもり事例に当てはまります。

 

 

 

 

この点からは、ひきこもりの精神病理は何らかの外傷体験や発達上の問題として説明することも可能になるでしょう。

 

 

 

 

ひきこもり状態の理解のためには、こうした精神分析的な理解も部分的には可能です。

 

 

 

 

 

ただしそれは、精神分析によってひきこもり状態の治療をなしうるという意味ではありません。

 

 

 

 

治療意欲の不安定なひきこもり事例に対して、精神分析を行うことは困難であるからです。

 

 

 

 

またひきこもりの問題は、個人の病理を分析する立場からは、その全体像を理解することが難しいです。

 

 

 

 

そこには家族や社会の病理が深く巻き込まれていて、基本的に個人を対象とする精神分析が、このような病理を扱いきれないのは当然のことです。

 

 

 

 

ひきこもり問題の特異性を個人の病理として捉えようとする限り、その理解と対策は、ごく表面的なものに終わってしまうでしょう。

 

 

 

 

いや、それ以前に、それを個人の問題と考えるなら、わたっしたち自身もまた「本人が来なければ支援・治療にならない」という、正当な姿勢の中にひきこもらざるをえなくなります。

 

 

 

 

「ひきこもり問題」は、たとえその始まりが個人病理にあったとしても、経過とともに必ず家族を巻き込んでいきます。

 

 

 

 

これによって事態はいっそうこじれ、病理性が深まります。それだけではありません。そこにはさらに、日本の社会的な病理性が反映されることになります。

 

 

 

 

ひきこもりの事例は、けっして日本だけに見られるものではありません。

 

 

 

 

しかし日本のひきこもり事例は、きわめて独特の経過をたどります。

 

 

 

 

この経過の特殊性において、日本の文化的、社会的な状況が反映されているのです。

 

 

 

 

したがって「ひきこもり」の問題は、患者個人の病理という問題を超えて、社会精神医学や公衆衛生学といった領域においても重視されなければなりません。

 

 

 

 

そこでは個人の精神療法のみならず、さまざまなケースワークや家族を介しての治療的介入などが大きな意味を持つことになります。

 

 

 

 

スチューデント・アパシーが登場したのは、今から数十年前のことですが、当時は「三無主義」「シラケ世代」といった言葉で、青少年の無気力化が指摘されはじめていました。

 

 

 

 

スチューデント・アパシーもまた、こうした時代背景との関連において、語られることが多かったようです。

 

 

 

 

青少年の無気力化は、それ以後、変化したのでしょうか。わたしはそのようには感じません。それでは、青少年は、いまもって無気力なままなのでしょうか?PPC_ocyanomizutokandagawa_TP_V1

 

 

 

 

それとも「青少年の無気力化」という現象は、実は幻だったのでしょうか?

 

 

 

 

70年代に少年期を送った私のような人間にとっては「青少年の無気力化」というものが、世代間の価値観の葛藤以上にはみえません。

 

 

 

 

たしかにわたしたちは、政治や社会参加といった大義に燃えて行動することはなかったかもしれません。

 

 

 

 

しかしどの世代も、前の世代からみればせいぜい「副業」にしかみえないものに、ひどく熱中したり打ち込んだりするものではないでしょうか。

 

 

 

 

「全共闘」よりも「おたく」が無気力であるとは、けっしていえません。

 

 

 

 

スチューデント・アパシーの増加に関していえば、戦後、大学への進学率がいちじるしく高まったことにも一員があると思います。

 
pp_suitekiha_TP_V

 

 

 

 
ある世代がまるごと無気力化するといった現象が可能になるのは、「世代論」という内輪話の中だけではないかと思います。

 

 

 

 

学生の数が増えれば、ドロップアウトするものも増加するという、そっけない見方も十分に可能です。

 

 

 

 

ここではよくいわれるような「価値観の多様化・相対化」とは逆の要因すら考えられます。

 

 

 

 

誰しもが大学に入学する時代には、大学に入ることが何か当然のような価値観として共有されてしまいます。

 

 

 

 

これはむしろ、価値観の均一化につながるものでしょう。のみならず、受験につぐ受験という関門をくぐることが、社会参加の暫定的免除ということのほかには、何の特権も保証してくれないという現実があります。

 

 

 

 

このような過程において、一度たりとも「無気力」に陥らずに過ごすことは、ひどく困難なことではないでしょうか。

 

 

 

 

また、ひきこもり事例の経験からいいうることとして、「学校」と「社会」との間で、適応の基準がかなり異なっているという事実があります。

 

 

 

 

大学卒業まではなんら問題なく経過した人が、就労の段階でつまずくことが、いかに多いことでしょうか。

 

 

 

 

メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-439-4355
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援