ひきこもりと「共依存」の問題
ホーム > ひきこもりと「共依存」の問題

ひきこもりと「共依存」の問題

精神医学には「共依存」という言葉があります。もとはアルコール依存症の事例に見出された家族関係を指していますが、現在はもう少し広い意味で使われています。

 

 

 

 

アルコール依存症患者の家族、とりわけ奥さんは、夫の飲酒癖や飲酒時の暴力に、さんざん悩まされています。

 

 

 

 

しかし、そういう関係が長年続いていくうちに、困らされているにもかかわらず、夫から離れることができなくなってしまいます。

 

 

 

 

つまりこの奥さんは、自分の存在価値を「アル中の夫の面倒をみる妻」という役割に見出すようになってしまうのです。

 

 

 

 

 

こうして夫は世話役である妻に依存し、同時に妻は、表向きは困りながらも、「ダメな夫の世話役」という自己イメージに溺れていきます。

 

 

 

 

このような関係を「共依存」と呼びます。ここには「持ちつ持たれつ」といった、安定した相互性はありません。

 

 

 

 

相手を支配し、自分の満足のための道具として利用するという関係であり、それゆえ一方的で不安定なものとなります。

 

 

 

 

ここで「アル中」を「ひきこもり」におきかえてみましょう。「ひきこもり」事例の母子関係にも、しばしば「共依存」がみられます。

 

 

 

 

したがって親子関係がこう着状態にあると感じられた場合、このような視点から関係を見直してみることも大切です。

 

 

 

 

そこにははたして、「共依存」関係が存在するかどうかを検討してみましょう。

 

 JS745_JRuenoeki500_TP_V

 

 

 

そして、もし存在するなら、母親がそれなしでもやっていけるかどうか、自身に問うてみましょう。

 

 

 

 

そのような視点に立つだけでも、いびつな関係性を改善する方向が少しずつ見えてきます。

 

 

 

 

母親と「共依存」の関係にあるひきこもりの場合は、ほぼ100%、他人のかかわりを嫌い、拒否します。

 

 

 

 

 

その拒否があまりにも激しいので、つい言いなりになってしまう母親も少なくありません。

 

 

 

 

しかし、ここで妥協すべきではありません。親が治療相談に通う意味は、まさにこの点にあります。

 

 

 

 

密室の親子関係に、さしあたり治療者が、社会の代表として楔を打ち込むのです。

 

 

 

 

もちろん最初、ひきこもりの本人はひどく嫌がります。自分のことを無関係な他人に話されるのが嫌なのは当然です。

 

 

 

 

時には親が病院に行こうとすると、暴れはじめる場合もあります。しかし、わたしたちが関わったケースに関しては、親が毅然として対応すれば、こうした抵抗はそれほど長続きしません。

 

 

 

 

むしろ、親が病院に通いはじめてかえって安心したかに見える場合が多いくらいです。

 

 

 

 

わたしたちはそれが、密室の扉が開かれ、親と自分との関係が、はっきり見えてきたことによるのではないかと考えています。

 

 

 

 

家庭における父親の三つの役割

 

 

 

 

父権の喪失が言われて久しいものがありますが、そもそも父親の役割の何かが忘れ去られているように思います。

 

 

 

 

教育学者の斉藤学さんによれば、父親の役割は三つあるといいます。

 

 

 

 

第一は「安全だよ」ということを子どもたちに知らせること、第二は「母親の教育方針を支持すること」、第三は「成長したら母親との密着した関係を断ち切ること」この三つだというのです。

 

 

 

 

たしかに言われてみれば、その通りかもしれません。

 

 

 

 

どんな動物でもねぐらを持っており、ねぐらは安心できるところでなければなりません。

 

 

 

 

その場所の確保と安全保障をするのは父親の役目ということでしょう。

 

 

 

 

第二の母親の指示を肯定すること、これは父親と母親の役割分担をはっきりさせると同時に、両親の一致を子どもに意識させるうえで非常に大切なことです。

 

 

 

 

両親が不一致だと、子どもはうまく立ち回って、両方から自分に都合のよいものを引き出そうとします。

 

 

 

 

それを防がないと家庭の秩序は維持できないからです。

 

 

 

 

第三の子別れですが、これも子どもを自立させるうえではきわめて大切なことです。

 

 

 

 

最近は結婚年齢になっても自立しないで親の世話になっている男性が増えているといいますが、これは母親離れができていないことが大きな原因です。

 

 

 

 

母親は子どもをいつまでも離そうとしません。子どもも母親のそばにいたほうがいろいろと楽だから、離れようとしません。

 

 

 

 

そういう関係は、父親が断つ以外に断つことのできる人間はいないのです。

 

 

 

 

特に最近は子どもの数が少ないので、母親の愛着も強く、一人っ子なんかの場合はちょっとやそっとでは母親が離そうとしない家庭が多いようです。

 

 

 

 

子離れ、親離れは口で言うほどたやすくはありませんが、わたしの友人がこんなユニークなことを言っていました。

 

 

 

 

これはぜひ実行されたらよいと思います。

 

 

 

 

「なるべく早い時期に親許から子どもを離して団体生活を経験させること。中学でも高校でもいい。

 

 

 

 

少なくとも三年間は、親の作った飯を食わせないこと。

 

 

 

 

それを大学進学の条件とすること」

 

 

 

 

今の子どもたちは恐ろしいくらい自分の身の回りのことができません。

 

 

 

 

母親がみんなしてあげるからです。豊かな状態で一つ屋根の下にいて、面倒を見なければいけない子どもも少ない現状ではそれを止めることは至難のわざです。

 

 

 

 

昔から「かわいい子には旅をさせろ」といいますが、中学か高校で寮生活をさせるとか、わざわざ地方の学校へ通わせてみるのも一つの自立への道ではないでしょうか。

 

 

 

メニュー

過去の記事

団体概要
団体名
関東自立就労支援センター
理事長:
大橋秀太
理事:
大畑健太
理事:
杉下真理
住所
東京都東久留米市浅間町1-12-9
TEL
042-439-4355
メール
ki6jt7@bma.biglobe.ne.jp
活動内容
・若年者の就労支援、
 学習 支援、生活訓練
・共同生活寮の運営
・教育相談の実施
・各種資格取得支援